ブログ             News

当ステーションが求める看護師像について今回は書いていきたいと思います。

いちご狩り

2020年02月06日

2泊3日でコテージをお借りしてゆっくりさせていただきました。

訪問時は必ず、血圧、体温、脈拍を計測します。その他、呼吸状態、認知・精神状態、皮膚の状態、睡眠、排泄、栄養状態の情報収集を行い、異常がないか確認します。医師の診察が必要であれば、病院や訪問診療所と連携を取ります。また、主治医に指示をもらい、浣腸や摘便、皮膚トラブルに外用薬を塗るなどの処置を行うなど対応を図ることもできます。

申請日!!

2019年09月04日

報告ですが、本日、川崎市健康福祉局へ「リハ特化型訪問看護ステーションさんぽ 武蔵小杉」の事業所開設のための申請に行ってきました!!

復興特別区域法に指定されている地域においては、そもそも訪問リハの役割やその効果などが知られていない状況でした。特に岩手県沿岸南部においては、震災前、訪問リハを提供する事業所や病院すら存在していませんでした。

弊社は、東日本大震災のボランティア関連団体が法人化した会社で、岩手県の陸前高田市、大船渡市を主な拠点に、復興支援としてリハビリテーションの立場から生活の再建や地域コミュニティの再構築を行って参りました。その経験を踏まえ、2019年9月、ここ川崎市中原区にリハビリテーションに特化した『訪問看護ステーション』を設立することが決定しました!その第一歩として、このホームページを作成しております。