サービス 

訪問看護                                                Visiting nursing

病気や障がいがあっても、在宅生活を送るために必要な訪問看護

訪問看護とは、看護師が自宅に訪問し、その方の病気や障がいに応じた看護を提供するサービスです。その方が、住み慣れた地域で生活を継続できるように健康状態の悪化防止や回復に向けて支援します。また、主治医の指示を受けて行うサービスのため、病院と同じような医療処置も行うことが可能です。

主なサービスは、健康状態・生活状況の評価、病状の把握・悪化防止、療養生活の相談やアドバイス、主治医の指示のもと行う点滴や注射などの医療処置、服薬管理、褥瘡ケア、緊急時の対応といった実務。他に、その方に関わる他のサービス事業者(ケアマネジャー、主治医、薬剤師、歯科医師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士など)との連携も含まれます。

訪問リハビリテーション          Rehabilitation

病気や障がいがあっても在宅生活を送る、地域とつながり続ける。

その方の最大限の”ちから”を引き出す訪問リハビリテーション

訪問リハビリテーションとは、それぞれの『地域』に出向いて行うリハビリテーションです。理学療法士・作業療法士・言語聴覚士は、その方の健康状態を把握した上で生活機能及びその方を取り巻く環境を評価し、本人・家族等へ行う支援ですが、関係職種へのアドバイス(工夫や手段などについて)も含まれます。また、健康状態を害した人のみに留まらず、健康状態を害する恐れがある方も対象となります。

主なサービスは、健康状態の把握、生活機能・背景因子の評価を前提として、その方の潜在的な能力を身体機能・生活機能・環境面と多角的な視点から見出し、引き出すことを役割としています。その中には、筋力トレーニングや歩行練習といった運動療法をはじめ、日常生活動作練習、福祉用具の選択や住宅改修の助言、家族への介護支援、より良いサービスの利用方法の提案などが含まれます。