「 さんぽ 」のように

地域の方々が " 気軽に " 利用できる事業所を目指して

利用される方々が元気になり、また " 散歩 " ができるように

" 三歩 " 先を見据えた看護とリハビリテーションを提供します

- さんぽの特徴 - 

在宅生活を総合的にサポート

自宅で看護・リハを行うことで

療養上必要な医療的管理はもちろん身体機能や生活の改善を図ります。

より快適な自宅生活を実現するため動作・介助方法の説明も行います。

福祉用具・生活環境についてのご相談も随時お受けしています。

看護とリハビリテーション

看護とリハビリテーションの融合により、リハビリテーション単独よりも効果的なサービスを提供します。

自立支援・重度化防止のみならず、介護予防的要素を兼ね備えることで一人一人の健康やその先にある、社会保障費の削減も目指します。

要介護者も要支援者もご利用下さい

地域とのつながりを大切に

 私たちは、医療介護と地域住民をつなぐ役割があると考えています。

病院や診療所、各ケアマネ事業所と顔の見える関係性づくりを心掛けております

地域活動へも積極的に参加し、地域で馴染みの訪問看護ステーションを目指します。

訪問看護・訪問リハビリテーションの対象者

病気や障害により、家庭などにおいて療養を継続する方で、主治医が訪問看護の必要性を認める方がご利用いただけます。

ご不明な点がございましたらお問い合わせよりお気軽にご連絡ください。

医療保健での利用

かかりつけ医より訪問看護必要性を認めた方がご利用いただけます。利用を希望される場合、医師または訪問看護ステーションにご相談ください。

介護保険での利用

要支援・要介護の認定がある方がご利用いただけます。利用を希望される方は、介護支援専門員(ケアマネージャー)にご相談ください。

保険外での利用

どなたでもご利用頂けます。利用を希望される方は、お問い合わせより私たちにご相談ください。

ロッツ株式会社とは?           

『社会保障費を抑え、子供たちが夢を持てる未来を作りたい』そんな想いで、我々ロッツ株式会社は東日本大震災後、岩手県の陸前高田市と大船渡市にて薬局や訪問リハビリテーション事業所、さらにはリハ特化型通所介護とフィットネススタジオを融合させた施設を運営してまいりました。

ご挨拶   Message

社会保障費を抑え、子供たちが夢を持てる未来を作りたい   ——

富山泰庸  代表取締役社長

そんな思いでロッツは震災後から陸前高田、大船渡市で薬局や訪問リハ事業を運営してまいりました。2011年7月に「せっかく助かった命を健康にしていかなければ」という使命感と地域ニーズを考慮し、「とうごう薬局」を陸前高田市に仮設プレハブでオープンしました。

その後、2012年5月に復興特区第一号として日本で初めて単独型訪問リハビリステーション「訪問リハビリステーションさんぽ」を開設し、在宅医療介護体制を推進しつつ地域の方々の生活の再建に尽力してまいりました。 

リハ特化訪問看護ステーションの魅力とは?

 本社のある岩手県事業所に在籍する療法士は10名以上。震災後、被災地における在宅医療・介護の立て直しとコミュニティの再構築に療法士が主体となって取り組んでまいりました。その経験を踏まえて、武蔵小杉では看護とリハビリテーションを一体的に提供します。

 看護師の医療的知識・技術を念頭に置くことで、医療ニーズの高い方はもちろんのこと、予防期~生活期~終末期まで幅広い方が対象となり、十分なリスク管理のもと、より効果的な運動療法等を行うことが可能になります。その上で、療法士の専門的なリハビリテーションにより、疾病予防も含め利用者様の一日も早い自立支援と社会参加を促進し、重度化防止と生活の質の向上を目指します。

- ましがしチャンネル -

ブログ

事業所番号  1465290192